パパ活で110万円以上稼ぐと税金がかかります【税務署にバレる?】

papa パパ活

「パパ活でお小遣いもっているけど税金ってかかるの?」

「パパ活で稼いだことは税務署にバレるの?」

「パパ活で税金を払わない方法は?」

 

上記のような疑問にお答えします。

パパ活で稼ぐと、贈与税という税金がかかります。これはアルバイトなどで稼いだときに給料から引かれている所得税(源泉所得税)とは、まったく違う税金です。

 

この記事の内容

・パパ活で稼いだときの税金

・パパ活の収入は税務署にバレる?

・税金を払わないようにする方法はある?

 



パパ活で110万円以上稼ぐと税金がかかりますよ

papa

パパ活で稼いだお金は贈与税の対象です。

贈与税の基礎控除は110万円なので、110万円以上稼ぐと税金がかかりますし、贈与税の申告をしなくてはいけません。

 

贈与税の計算は、まず、その年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与によりもらった財産の価額を合計します。

 続いて、その合計額から基礎控除額110万円を差し引きます。

国税庁:贈与税

 

贈与税の申告はあまり実務では行なわないので、会計ソフトでも対応してないところが多いです。

そのため贈与税の申告をするとなれば、税理士に頼むしかないと思います。

 

パパ活と副業は分けて税金を考える

パパ活だけで生計を立てている人は少ないですよね。

副業もしている人がほとんどだと思います。

 

たとえば、パパ活で100万円、チャットレディで30万円稼いだとしましょう。

この場合、パパ活は110万円以下なので贈与税はゼロで、チャットレディの報酬も38万円以下なので所得税がゼロです。

つまり、税金がかからないので確定申告をする必要がありません。

 

  • パパ活・・・・・・贈与税がかかる
  • チャットレディ・・所得税がかかる

 

上記のように、課税される税金の種類が違うので、パパ活とチャットレディの収入は分けて考えてください。

参照:いくら稼ぐチャットレディは確定申告?

 

パパ活の収入は税務署にバレるの?

why-leak-out

現金でお手当をもらっている場合は、正直なところ、バレづらいです。

税務署は銀行口座を監視できるので、現金でお手当をもらっていればわかりづらい。

 

でもパパ活で稼いだ金額を確定申告しないといずれ税務署にバレます。

 

税務署にバレるルートはおもに3つです。

 

  1. パパ活サイトに税務調査が入る
  2. パパに税務調査が入る
  3. ネットでバレる

 

パパ活サイトに税務調査が入る

お金を稼いでいれば、どこでも税務調査って入るんですよね…

 

パパ活サイトに税務調査が入れば、当然ながらすべてのお金の情報を見られます。

パパ活に登録しているパパさんや女の子の情報も調べられますよ…

 

税務書はどれくらい売上があるのか、ウソはないのか調べるので、登録者情報も見る必要があるんです。

 

ここで脱税している人が見つかります…

 

パパに税務調査が入る

パパ活サイトに税務調査が入るのとおなじことですね。

とくにパパ活に登録している男性は、経営者が多いので税務調査に入られやすいです…

 

経営者は法人と個人の両方で確定申告をしている方が多いので、その分、税務調査のリスクも高まります。

 

パパに税務調査が入れば、お金の動きをすべて見られますので、ここでパパ活女子の脱税がバレることがあります。とくにパパがパパ活費用を経費にしていたときは、バレますね…

 

女の子に払うお手当は経費にしなくても、映画、飲食、タクシー代を経費に混ぜていれば、税務署に「事業とは関係ないパパ活の出費を経費にしている」と疑われます。

 

このようなパパも存在しますので、十分に注意しましょう。

 

ネットでバレる

まれにいるみたいですけど、ネットでパパ活自慢をしていると税務署のターゲットにされるかもです。

 

「口は災いのもと」といいますよね。

税務署はTwitterなどのSNSの投稿も監視しているので、不用意なことを投稿すると税務調査の対象にされます…

 

このようにパパ活で稼いでいるのに確定申告をしていないと、税務調査が来ますので気をつけてください。

 

それでも「どうしても税金を払いたくない」という人もいるはず。

ここからはパパ活女子が税金を払わないようにする方法を紹介します。

一番楽なのは、110万円以上パパ活で稼がないことです。

 

パパ活女子が贈与税など税金を払わないようにする方法

no-tax-on-papa

パパ活女子が贈与税を払わない方法は3つです。

 

  1. 110万円以上のお小遣いをパパからもらわない(現金とプレゼントの合計額です)
  2. パパの会社で雇ってもらう
  3. 結婚する

 

110万円以上のお小遣いをパパからもらわない(現金とプレゼントの合計額です)

110万円以上パパ活で稼ぐと贈与税の対象になるので、これ以上は稼がないようにしましょう。

 

110万円といっても、これは現金だけではなくてプレゼント代も含まれます。

たとえば30万円のヴィトンのバックをもらったとき、これも贈与税の対象になります。なので、お手当90万円と30万円のバックをプレゼントされれば、合計で120万になり、贈与税の申告が必要です…

 

車やマンションの購入はもちろん、家賃を払ってもらったりしても贈与税がかかりますので気をつけましょう。

 

パパの会社で雇ってもらう

パパは経営者が多いので、パパの会社に雇ってもらい、お給料をもらえば贈与税はかかりません。所得税はかかりますけど…

 

パパの会社で雇ってもらっても、結局は所得税がかかるので税金は払うことになります。

でも贈与税のほうがすぐに税率が高くなるので、パパ活でたくさん稼いでいる人は雇ってもらうのもアリだと思います。

 

目安としては一人のパパから600万円以上もらっている人は、雇ってもらったほうがいいですね。

 

結婚する

かなり少数かもしれませんが、結婚してしまうのが一番お得ですww

 

結婚して生活費をもらう分には税金がかからないので、税金に悩む心配もないです。

それにもし離婚するときは財産分与でいくらか財産をもらえます。

 

ただし、結婚前からあった財産については財産分与の対象外になりますので注意してください。

 

まとめ:パパ活で稼ぐときは税金がかからない110万円以下にしておきましょう

 

パパ活で稼いだお小遣いは、贈与税の対象です。

贈与税がかからない110万円まで稼いで、パパ活を辞めるのがいいと思います。

 

またパパ活以外に副業をしている方は、所得税の確定申告が必要になるかもですのでよく調べておきましょう。

 

この次におすすめな記事

いくら稼ぐとチャットレディは確定申告?

スマホで副業できる!チャットレディのおすすめランキング

 

稼ぎたい方にオススメな記事

時給3000円越えのポケットワークの口コミ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました