親にバレる?学生チャットレディが知るべきこと【確定申告・税金】

確定申告

このページを開いてくれた方は、学生でチャットレディをされている方だと思います。

 

「どうして親にチャットレディがバレるの?」

「親にチャットレディがバレないようにするのはどうすればいいの?」

 

上記のような悩みを持った方に向けて記事を書いています。

 

✔この記事の内容

・親にチャットレディがバレる原因

・親にバレないようにする方法

 



チャットレディが親にバレる原因は税金です

バレる原因は「扶養控除から外れて税金が高くなった」からです。

 

扶養控除とはこれです⬇

扶養控除の概要

納税者に所得税法上の控除対象扶養親族となる人がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。これを扶養控除といいます。

国税庁:扶養控除

一言でいえば「養っている人がいれば税金を安くしてあげましょう」という制度です。

 

扶養控除から外れると親の所得税と住民税が高くなります。

つまり親の税金が高くなって、チャットレディをしていることがバレてしまう…

親の扶養から外れる条件

扶養控除の条件はこれです。

扶養控除・が適用できる条件

年間の合計所得金額が38万円以下であること。
(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)

国税庁:扶養控除

チャットレディは38万円以上稼ぐと、扶養控除から外れるので親にバレます。

またアルバイトを掛け持ちしている人も年間で38万円以上稼ぐとバレてしまう。

(アルバイト代+チャットレディ代<38万円)

 

でも大丈夫です。

確定申告をして所得を38万円まで下げれば、扶養控除から外れないので親にバレないで済みます。

チャットレディが親にバレないようにするには確定申告!

親にチャットレディがバレないようにするには、3つの方法があります。

  1. 扶養控除から外れないように、年間で38万円を超えて稼がない
    (チャットレディ代+アルバイト代<38万円)
  2. 確定申告をして所得を38万円以下にする

①の方法は、現実的ではないので書きません。

年間38万円で生活するなんて無理ですよね…

潔くたくさん稼いで、確定申告したほうがいいと思います。

 

確定申告をして所得を38万円以下に

確定申告で経費を入れて、合計所得金額が38万円以下にすれば、扶養控除から外れないので親にバレません。

 

たとえばチャットレディの売上が100万円だとしたら、経費を70万円つければ、所得が30万円(所得=売上ー経費)になるので扶養控除から外れないです。

確定申告では、このように所得を計算します。

もし確定申告をしないと、所得は100万円(所得=売上)になってしまいますので注意してください。

 

もう一つ例を挙げます。

チャットレディの売上が100万円、アルバイト代が100万円、経費が70万円だとします。

すると合計所得は130万円(合計所得=給与所得+事業所得)になるので親の扶養控除から外れてしまいます。

結果、親にバレます…

 

扶養控除から外れないようにするには、合計所得が38万円以下になりますので注意してください。

給与所得、事業所得の違いについてはこの記事をどうぞ。
参照:チャットレディの収入は給与所得?事業所得?

 

まとめ:学生チャットレディは親バレ防止に確定申告をしましょう

まとめを書きます。

学生チャットレディが親にバレる原因は税金です。

合計所得が38万円以上になると、扶養控除から外れてしまうため親の所得税と住民税が高くなります…

これを防ぐためには、合計所得が38万円以下になるように確定申告をしてください。

 

✔この次におすすめな記事はこちら

チャットレディの経費まとめ

一人で確定申告をする方法

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました